脱税目的で会社辞める人いるの?上司の反応が異常だった件

3年前、会社を辞めた時のこと。そのことを伝えた時の上司の反応。

自営業の脱税とかどうにかして欲しいよね

正社員として3年間勤めた会社を辞めた時のこと。心身ともにボロボロになって辞めました。状況的に「疲れたから辞めます」と言ったら会社から嫌がらせされそうでした。その時の様子は「無職になった時、日本に自殺しろって言われてるかと思った」に書いています。

無職になった時、日本に自殺しろって言われてるかと思った
無職になって、この世の無慈悲を知りました。だけど、大丈夫。どうにかなりますから!

50代の元上司に「今までやりたいと思っていた仕事を一人でしたい」と嘘の辞める理由を伝えました。

その時の上司の反応がこれです。

自営業の脱税とかどうにかして欲しいよね

本当にこう言いました。そして続けます。

「自営業の人って自分の食事代とか経費で落とすじゃん。こいうのどうにかしてもらわないとね。」

こうしかたら成功した、とか言われてもね

このようなことも言っていました。

金銭的に成功した人が、自分はこうやって成功した、と本を出すことがあります。成功した後に、後出しで言われてもね、と言うことを言いたかったみたいです。成功本って成功した人しか書けないから、絶対後出しなのですが。

私は自営業をしたい、とは申しましたが、金銭的に成功して本を出すなどとは一言も申しておりません。

そして、元上司は金銭的に成功した私を想像し、想像した私に対して、色々と思うことを述べ続けました。

50代、元上司のスペック

有名国立大学を卒業し、新卒で一部上場企業に就職。順調に出世街道を歩み、将来の幹部候補生として名前が上がっている方です。

仕事をしている時の上司は、とにかく争いごとを避け、部下を褒め、一生懸命マネジメントをしていました。

責任を取りたくなくて、その上司にいろんなことを押し付けている人が多く、常に膨大な業務を抱え、いつも忙しくしてらっしゃいました。優秀な上司は、膨大な業務を全てこなしていました。本当にすごかったです。

何でそんなこと言うのよー

上司が訳のわからない反応をした時の、私の心の声です。

「大変だったからゆっくり休んでね」とか「次のステップに向けて頑張ってね」とか言って欲しかったんです。

まさか、嫉妬に満ち満ちた反応をされるとは、かなりショックでした。

上司の異常な反応の理由

しばらく上司の言葉をひきづって、その言葉の意味を考えていました。

そして、一つの結論にたどり着きました。

言った内容自体には意味がない。あんなことを言った理由は、自分も会社以外の別の世界に行きたいだけど、できいないもどかしさがあったからなのでしょう。

仕事量も多いし、上からのプレッシャーや下からの要望の板挟みになって、結構大変そうでした。よく私にぼやいてました。「たまには自分で考えてくれよって言いたくなる。」って。

50代のおじさん社員たちが、その上司に、客先に持ってく手土産の確認や、経理の管理職が、少しグレーな経費の処理の仕方の判断を求めていました。

その様子を見て、私はいつも「気持ち悪い」と思っていました。何も考えない50代のおじさんが50代のおじさんに甘えている。気持ち悪いです。

甘えられてる本人はもっと気持ちが悪かったと思います。

きっと、羨ましかったんでしょう。私が。

「自営業の脱税とかどうにかして欲しいよね」とか「「こうしかたら成功した、とか言われてもね」とか、こんなことを言うのは、羨ましかったんでしょうね。

実際は無職のニートになる予定だったのですが。

今、上司はさらに出世したようです。多分、自分の気持ちに折り合いが付いてないままだと思います。

食事でも奢ってやろうかな。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク