30代後半からのシェアハウスの探し方。30代でもシェアハウスに住めます

20代後半からずっとシェアハウス住まいです。

20代は簡単に見つけられたシェアハウスですが、30代半ばに差し掛かった頃から、入居先探しが難しくなりました。

だけど、探し方を間違わなければ、30代後半を歓迎してくれるシェアハウスはたくさんあります。今私が住んでいるシェアハウスは全員30代です。

にゃんざぶろう
30代も普通にシェアハウスに住んでます!

問い合わせても返事が届かなくなった

シェアハウスの物件が掲載されているサイト、ルームシェアジャパンやシェアメイト。20代の頃はこのサイトでシェアハウスを探すのが一般的でした。主に、個人運営のシェアハウスが掲載されています。

気になるシェアハウスがあったら、問い合わせフォームから内見希望の連絡します。30台半ばになった頃から、内見希望の問い合わせをしても、返信がこなくなりました。

にゃんざぶろう
無視されるのって、結構ショックです。

個人運営のシェアハウスは、若い人じゃないと受け入れてもらえないところが多いみたいです。

ですが、今から紹介するサイト&会社なら、30代後半でも問い合わせたら返信がありますし、普通に入居できます。

おしゃれな物件がいっぱい、ひつじ不動産

シェアハウスポータルサイトの先駆け、ひつじ不動産。価格帯が高めのシェアハウスが多いので、お金をそこそこ持っている30代の入居者が多いです。

サイトに掲載されるシェアハウスは、ひつじ不動産のスタッフが足を運んで取材をしています。運営者へのインタビュー記事や、シェアハウスの特徴の記事があり、情報が豊富です。

1つのシェアハウスにつき、80枚ぐらい写真が掲載されています。リビングや室内の写真はもちろん、台所やお風呂の設備、階段やベランダまで、いろんな写真があります。

にゃんざぶろう
見てるだけで楽しい!

仲介業者「SHARE PARK」

SHARE PARKはシェアハウス専門の仲介業者です。条件を伝えると、電話やメールで物件を紹介してくれます。

定期的に物件情報のメールも送ってくれます。下の写真はメールの文面です。

気になった物件があれば、写真をクリックして詳細情報を確認できます。

ソーシャルアパートメント

ワンルームマンションを借りるのと、ほぼ同じ感じで借りられる企業運営のシェアハウス。仕事をしていて身分が証明できればOKです。

Global Agent

ソーシャルアパートメントをテーマに、全国に主要年に物件があるGlobal Agent。マンションやアパート一棟丸々シェアハウスとして運営しています。

共有スペースはおしゃれなカフェかホテルのラウンジみたい。いろんな人と出会いたい人にオススメ。

SHARE PLACE

こちらも一棟丸々運営されているシェアハウス。40代の方の入居実績があります。

台所にシンクが複数あり、他の人と時間が被っても気兼ねなく料理ができるところ、ポイント高いです。シェアハウスだと、夕ご飯の時間に混雑して、気が弱い人はご飯を食べ損ねたりすることもあります。気が弱い人も、自分のリズムで生活できそう。

他に、テラスや音楽ルーム、シアタールームがあったりと、設備が充実しています。普通のワンルームでは、ほぼ100%ありえない設備が付いています。

にゃんざぶろう
次はこういうところに住みたい!

以前からあるルームメイト募集サイト、一応

個人オーナーが中心の、昔からある2つのサイトも一応ご紹介いたします。35歳という年齢を記載した上で内見を申し込んだら、ノーレスポンスだったサイトです。

ルームシェアジャパン

過去2回お世話になったサイト。32歳までは普通に入居先を探せました。

入居先を探している人が、「探しています」と掲示板を出すこともできます。年齢を記載して、部屋を求む、と掲示板に載せておくと、オーナーさんから連絡が来るかも。

ルームメイトカフェ

ルームシェアジャパンと内容が被っている募集が多いのですが、一応。

機能はルームシェアジャパンとほぼ同じです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク