DeNAの記者会見に見入ってしまった。守安社長、かっこええ

youtubeの生放送でDeNAの記者会見をやっていると、facebookのタイムラインで流れてきた。その日は仕事が休みだったので、youtubeを見てみた。

全部見た。その時思ったこと。

守安社長、かっこええ。

記者会見を開いたわけ

記者会見は、テキトーな医療情報のキュレーションサイト「welq」に対するものでした。

「肩こりは霊が肩に乗っかっている」wwとかちょっと笑えるものから「風邪を引いたら抗生物質」という誤った医療情報まで、信用できない医療情報を大量に掲載していたwelq。

私もwelqにトンチンカンなお勧めをされたことがある。気分が落ち込むことがあり「気分が落ち込む」という言葉を調べた時のこと。スムージーを飲むといい、とwelqに勧められた。

スムージーかよwwwと笑ってしまい、結果として気分は若干良くなって、結果オーライ。

「肩こりは霊が肩に乗っかっている」ぐらいだったら、嘘だー!とわかる。信じちゃったとしても問題はない。除霊に行って、気持ちがスッキリして終わり。健康被害はない。

落ち込んだ気分が良くなるわけじゃないけど、スムージーを飲んでも、別に問題はない。美味しいし栄養価は高いし、体には良い。

でも、「風邪を引いたら抗生物質」は完全なウソだよね。抗生物質は細菌をやっつけるためのもの。ウイルス性の風邪には効かないよ。

こんな無茶苦茶な記事を掲載するに至った経緯がBuzzFeedで報道されていた。医療とは関係ない素人ライターに、プロの論文をコピペさせて記事を作らせるマニュアルがあったから、と。

コピペって盗用だから著作権違反だし、それをマニュアルにしてライターに配っていた、ということが大問題に。

私はDeNAのキュレーションメディアの一つ、料理サイトのcafyのライターをしていたことがあり、今回の記者会見には興味津々。

welqという健康情報サイト、信用していいのか疑問がある
welqという健康情報サイト、たまにトンチンカンなことが書いてあると思うのだが、信用できるのだろうか。

全く責任転嫁しない守安社長

記者さんたちは、iemoの創業者、村田マリさん、過去に著作権の問題を起こした元BuzzNewsの社員が悪いんじゃいの??ということを何度も問いかけていた。わかりやすい犯人が欲しいのかな?

この質問に対して、「今のところは、どいういう過程でマニュアルを作られたかわからない」「多くの方々に迷惑をかけた責任は私にある」と終始答えられてらっしゃった。

今までダークスーツを着たおじさんたちが、ずらっと並ぶ記者会見、子供の頃から何度も見てきた。けれど、経営者が自分の責任だって、なかなか言い切る人あまり見たことがない。

「本件については誠に遺憾でございます。世間の皆様にご心配をおかけしたことを謝罪します。」というフレーズが謝罪会見の常套文句。

遺憾とうい意味は「思い通りでなく残念なこと。残り惜しく思うこと。」

だから「本件については誠に遺憾でございます。世間の皆様にご心配をおかけしたことを謝罪します。」を言い換えると、「私は思い通りにならなくて残念です。そのことに対して世間の皆様がご心配なさいました。ごめんなさい。」ということになる。

一体誰に対して何を謝っているか、意味不明。

守安社長は、はっきり謝罪していた。冒頭に取引先、ネットユーザー、株主などに対してじゃ材する、と名言していた。ただ、何に対して謝罪しているか不明確だった。

「誤解を招きかねない表現があった」とか、「盗用を助長しかねないマニュアルの存在」とか、ぼかした表現をされていた。

ただ、何が本当に問題だったのか、謝罪と改めなきゃいけない対象は、第三者調査委員会の調査を経てからわかることなんだろう。

第三者調査委員会の調査対象には守安社長も含まれるという。もしかしたら、矛先が自分にむかもしれないのに。

守安社長は絶対逃げない人なんだな、と伝わってくる。

どんな質問にも冷静かつ丁寧に回答

記者さんたちの不思議な質問にも、冷静に、丁寧に回答されていた。何度も何度も同じ質問をされても、全く腹を立てたりされないで、何度も同じ回答をされていた。

記者さんたちの質問?というより攻撃、途中からすごかった。前半は淡々とした静かな記者会見だったけれど、後半に質問されていた男性記者さんたち、ヒートアップして、声を荒げている方も。健康被害出てんだよーーーーー!みたいな。

記者が「注力している事業にも関わらず、普段からマニュアルを見ていなかったのか」なんて、不思議な質問をしていた。

どう考えても見てるわけないのだけど、「見てません」と真面目に答えてらっしゃいました。

「SEOばかり気にして、利益追及に走ったんじゃいか」という質問もあった。

「SEO自体は悪ことじゃない」という説明をされていた。こなぜSEOという手法をとったのかを丁寧に説明されていた。iemoのようにfacebookで「いいね」を集める方法の集客だとコスごがかかるからと。まるで先生が生徒に説明するように。

記者会見の中で、こういう場面があって、私も、ふんふん、なるのど、とだいぶ勉強になった。

記者さんたちは「DeNA利益ばかりを追求し、テクニカルにSEOに走った挙句、誤った記事を上位に掲載させた。そして守安社長、利益追及姿勢を謝罪」と記事にしたかったのだろう。だからしつこく聞いてたんだろうな。

頭の良さに惚れる

小さな会社を急激に大きくした人って、すごく頭がいいんだなー、と惚れ惚れした。DeNAは創業から10年も経たないうちに東証一部上場している。信じられないスピードだ。

3時間以上の記者会見の中で、事実として確認できてるところ、できていないところ、現時点でいい悪いが判断できるところ、できないところ、内容に全く矛盾なし。頭が疲れる、ということがないのかな。キャパ大きすぎる。

守安社長のような人だったら、気分で物を言ったり、言ったことを言ってないとか、くだらないことないんだろうな。成果を出すことだけに集中できそう。

人も頭脳も完璧。こんな上司の元で働きたい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク