「何をやるか」より「誰とやるか」の方が100倍重要。転職が失敗する原因

サラリーマンを10年してわかったこと。仕事で最も重要なことは、「何をやるか」より「誰とやるか」、ということ。

転職回数は少なく、の呪縛

一般的に転職回数が多いと、サラリーマンとしての市場価値が下がると言われています。コロコロと職場を変える、落ち着きのない人。採用してもすぐに辞めてしまうのではないかと疑われてしまうからです。特に、1年未満の転職が数回ある人は、転職エージェントに仕事の紹介を断られることすらあります。(断られた経験あり)

雇う側の立場になってみれば、当たり前のことだ。だから、どんな職場でも3年踏ん張れ、これはよく言われること。

だけど、この呪縛によって不幸になっている人が多いと思う。転職して入社後に、あれ?この職場の人たち、なんかおかしい、と感じる人も多いと思うんですよね。

会社は1つの村で、村には独自の風習があります。独自の風習に驚いて、慣れなくて違和感を感じることがあるけど、たいてはすぐ慣れます。

でも、どうしても慣れない場合もあります。例えば、同僚の民度の低さや他社に対して信頼を損なうようなビジネスのやり方などだ。

その会社で新卒から働いてきた人は、こういうことに気がつきません。「それは問題があるのではないか」なんて言っても、無駄。「うちにはうちのやり方がある」となる。

ネガティブなものが渦巻いてる会社というのは自浄作用が働かない。おかしなこともそのまま放置。「内」と「外」を明確に区別して、「外」はなかったことのように、扱われる。「内」は長く会社にいる人で、「外」は転職してきた人。

危なっかしくって、他の人を積極的に巻き込みながら仕事を進めるなんてできない。そんなことしたら自爆に突き進んでるようなもの。

自分の周りに透明の壁を作り、防御。とりあえず3年我慢しようとする。3年は長い。3年という月日は、それなりの規模の新規事業を立ち上げることができる時間。

ストレスにさらされ、防御だけを考え、仕事らしい仕事をしないで3年も過ごすなんて、自分の命を無駄遣いしてるようなもの。

あ、この職場の人たちおかしい、と感じたら、さっさと退職すべき

転職するときに、自分にはこの分野での経験、スキルがあるから、それを生かして次はこんな仕事をしたい、と希望します。

私もそうでした。自分ができることを中心に仕事を選んできました。でも、それは大きな間違いだったと、正社員の転職3回目にしてやっと気がつきます。そして、自分が仕事に求めていることを理解した。

それは、同僚と同じ目標に向けて努力し、協力しあいながら仕事をして行く環境。同僚との一体感。仲間と思える人たち。

仕事を一緒にする仲間を求めて、転職を繰り返していたのに、仕事の内容で転職先を選んでいた。アンマッチが起こるのは当然。

私は、自分の仕事を通して、世の中の人に喜んでもらいたいと思っていた。そういう仕事をするには、一緒に仕事を進めて行く、信頼できる仲間が必要。全くもって当たり前のことなんだけど、気がつくのに10年もかかった。アホだわ。

 おすすめ記事

一緒に働きたい仲間ってどんな人?

仕事は信頼できる仲間とじゃないと一緒に進めていけない。だから、この人と一緒にやっていきたい、と思える相手とじゃないと、また転職を繰り返すことになってしまう。

だから、ひとまず、何ができるか、どんなことをしたいかは、横に置いて、どんな人と働いているときに楽しいと思えるのかを整理してみた。

・ポジティブ

・元気

・いつも楽しそう

・仲良くできる

・一生懸命仕事をする

・理解力がある

・人のミスを許せる

こんなキーワードが上がってきた。

一度、こんな人たちに囲まれて仕事をしたことがあります。もちろん、少し難しい人もいたよ。だけど、職場は明るくて、会社に行くのが楽しかった。朝、会社に行くのがつらいなんて思ったこと、一度もなかった。土日祝日も会社に行きたかった。

残業続きだったけど、仕事が大変なんて思ったことはない。みんなと一緒に頑張っている、そういう充実感があった。

当時、未熟者だった私は、他の会社も同じだと思っていた。でも現実は違った。

私が働いていた業界は、比較的潤っている業界で、そんなに一生懸命働かなくても、日本人の平均以上の給料を入社3年目で得られる。同じ業界で転職したが、転職先の2つの会社は暇そうなおじさんであふれかり、新しい提案なんて、余計なことをしないでくれよ、という雰囲気。

この時の職場の様子はこちらの記事に少し書きました。

逃げることは恥ではない。ネガティブな話が始まったら、途中で黙って逃げる
ネガティブな人がいたら、逃げる。ネガティブな人に付き合っても、百害あって一利なし。逃げることは恥ではない。

逃げることは恥ではないよ。ネガティブ大魔王がネガティブビームを発射し始めたら、話の途中で黙って逃げる

そして、気がついた。1社目がいい同僚ばかりで仕事が楽しかったのは、会社が努力してくれてたからなんだと。ポジティブな、いい人たち、を採用し、会社内がネガィブにならないように管理職が気を配っていた。仕事ができるけれど、人間性に問題あり、の人たちは、窓際に追いやられた。

この人と働きたいか、を最優先

今、派遣社員として働いてるけど、職場見学の時は相手の人間性をまず第一に見るようにしています。人をいじめたりしないだろうか、自分さえよければいい、という発想をしないだろうか、ポジティブな挑戦しようとしてる人の足を引っ張らないだろうか。

そして、大丈夫だ、と思える会社で働くようにしています。入社して、もし、雰囲気がネガティブで、社内政治屋がはびこっているような環境だったら、初回で契約を更新しない。

そのおかげかな、今は朝会社に行くのが楽しい。働いている会社が雑誌やテレビに取り上げると心からうれしく思う。

計6年、20代後半、30代前半という、仕事の体力をつける時期に何もできなかった、という悔しさ。それに、6年間、仕事という生活の中で一番長い時間をネガティブな気持ちで過ごしたアホらしさ。自分が嫌いな環境にい続けるなんて、本当アホだった。6年も分からないなんて、どんだけバカなんだろ。

今からは自分の人生を無駄にせずに、どうしたら楽しくなるだろう、を中心に仕事を選んでいきたいと思っています。

同僚は仲間じゃない。仲間だと思うからストレスになる
あまり良くない会社にいると、同僚が仲間だと思えないことがあります。仲間なんて思わなくていいんです。

同僚は仲間じゃない。仲間だと思うからストレスになる

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加