クラウドワークスで副業してみたけど、もう頑張れない( _ _ )……….o

私は派遣社員です。今後もずっと派遣社員をしてく予定です。

派遣社員はいつ契約を切られるかわからない立場です。ですので収入源は複数持っておきたいと考えています。そこで、クラウドワークスの在宅ワークに応募してみました。

クラウドワークスの仕事に応募した

クラウドワークスにはホームページの作成や会社のロゴデザイン、アプリの作成みたいな仕事がたくさんあって、報酬もそこそこ高いです。

ですが、私にはそんなスキルが全くないので、スキルがなくても大丈夫な仕事に応募しました。

サイト評価の仕事に応募

まず、サイトを評価する仕事に応募しました。サイトに登録し、使い勝手などを評価するという仕事です。簡単そうなので応募してみることにしました。報酬は1サイト300円ぐらいだったと思います。

応募してみたら、すぐに仕事の依頼が届きました。評価するサイトのURLを10個教えてもらって、スマホでサイトを確認してみると、

全部、出会い系サイト!!!

評価のために、自分のアドレス使って会員登録をするのですが、サクラ会員募集してるだけだと思われました。

不安になったので辞退連絡をすると、「全部有料サイトなのでご安心ください」と連絡がありました。だけど、ややこしいことに巻き込まれたくないので、再度お断りのメールを送りました。

引き止めなんかあるのかな、と思いましたが、そのまますんなり終了。

記事作成の仕事に応募してみる

600字程度の記事を作成したら報酬が300円の仕事がクラウドワークスには大量にあります。専門知識はいらない仕事だったので、2つ同時並行で応募しました。

1つ目

応募したら、試用試験として10記事書いてくれ、と返信があって即辞退。10記事って、すごい時間かかります。

2つ目

試用試験として1記事書かないといけないのですが、その記事にも300円払ってもらえるので、テスト記事作成に応募してみました。

応募してみると、記事作成のマニュアルとキーワードが送られてきました。作成するのは、記事というかキュレーションです。いろんなレシピサイトからテーマに合う料理を選んで、料理のコメントを記載する、というものでした。

1記事書き終えて提出すると、採用と連絡をいただきました。

料理キュレーションライターとして働いた1ヶ月

作ったことのない料理なのに「おいしい♡」とか、子どもいないのに「子どもがよろこぶ♪♪」とかテキトーなことを書きまくって、スピード優先でどんどん仕上げていきました。

慣れてくると作成スピードが上がりました。でも、時給500円が限界。納品の連絡とか、記事がイケてない!とやり直しの指示があるので、手間が取られます。

私が書いた記事、いつもアクセスランキングの5位以内には表示されていたし、お気に入り数が1000超えた記事もありました。単価上げてくれるかな?と期待したのですが、そんな兆し、全くなし。

やってらんね~と思って、辞めた

時給500円だとしても、他にメリットがあれば続けられたと思います。だけど、なんのメリットもありませんでした。

やってることは他のサイトの切り貼りで、オリジナリティーゼロ。ライターとしての能力は身につきません。

それに、他の人の成果をパクるのが気分的に嫌でした。

在宅ワークは日雇派遣以下のワーキングプア

クラウドワークスで月収20万円以上稼いでる人ってどのくらいいると思いますか?

答えは111人。

たった111人です。クラウドワークスの会員は100万人。簡単に稼げる、ってネットで見るけど、簡単に小学生のお小遣い程度の金額が稼げる、というのが現実。

クラウドワークスやシュフティなんかで在宅ワークするぐらいだったら、日雇い派遣のほうがはるかに良いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク