おすすめの引越し比較サイトはコレ!引越し経験18回が語る

引越しが多い人生です。直近18年間で18回引越しをしました。10回は引越し比較サイトの「引越し侍」で引越し業者を決めています。

「引越し侍」で見積もりをすると、安い引越し業者が探せるからです。

前回東京23区内で引越しをした時は、税込10,000円でした。

「引越し侍」の特徴

中小の引越し業者が多数登録しているのが特徴です。

引越し比較サイトには、テレビでCMをしているような、大手の引越し会社しか取り扱いがないところもあります。

大手の引越し業者は中小の引越し業者に比べて料金が割高です。中小の引越し業者の2〜3倍もします。

引越しは、大手の引越し業者だろうが中小の引越し業者だろうが、作業内容は同じ。クオリティーは変わりません。

今までの18回の引越しで、大手の引越し業者に依頼したこともありますが、中小の引越し業者と全く変わりませんでした。

物を壊されたり、見積もり以上の料金を払わされたりしたことはありません。予定通りの時間に作業が始まり、予定通りの時間に作業が終了します。

結果が同じなら安い方を選びたい。だから、毎回「引越し侍」に登録して引越し業者を決めています。


「引越し侍」に登録しただけでは引越し費用はわからない

登録したら、すぐに一番安い引越し者がわかる!と思えるようなCMが流れていますが、すぐにわかりません。

登録したら、いろんな引越し業者からメールが届きますが、メールに書いてあるのは、かなりざっくりした見積もりの金額です。

実際の費用は、電話で運ぶ家具や荷物の量を伝えてからわかります。

「引越し侍」に登録してから費用が決まるまでの流れ

ざっくりした流れです。

  1. 「引越し侍」のサイトに登録
  2. 運ぶ家具や荷物の種類を記入し、一括見積もり
  3. 見積もりを依頼したら30秒以内は、引越し業者から電話がかかってくる
  4. 引越し業者に運ぶ家具などを伝え、費用が決定

費用は電話見積もりで決まります。一括見積をすると、直後に引越し業者から電話がかかってきます。まずは、大手の引越し業者、そして、中小の引越し業者と続きます。

大手は引越し費用が高いです。とりあえず見積もり金額を聞い返事を保留しておいて、中小の引越し業者からの電話を待ちます。大手の引越し業者は中小の2倍~3倍の費用を請求してきます。なので、大手の見積もり金額より半額以下の金額を提示してくれる、引越し業者から電話がくるのを待ちます。

「引越し侍」で一括見積もりをポチッとしてから、3時間以内には引越し業者が決まります。電話見積もりをする引越し業者はだいたい5〜10社です。

引越し業者の営業トークに注意

大手の引越し業社はあの手この手で契約を迫ってきます。中小の引越し業者を悪く言ってくる業者もいます。例えばこんなセールストークを言ってきます。

「中小の業者は後から別の料金を請求してくる」

「引越し侍」を利用して引越した10回の引越しで、見積もり以上の金額を請求されたことは一度もありません。

「インターネットやウォーターサーバーの契約をさせられる」

引越し業者はインターネットやウォーターサーバーの契約をすれば引越し費用を安くする、と案内をしてきます。ですが、契約を強要される、ということはありません。

某大手の引越し業者の方が「私を助けてください」と言いだしました。なかなか、うん、と言わない私をどうにか攻略したかったのでしょうが、大爆笑してしまいました。

営業トークに惑わされずに、金額的に納得いかなけば、一旦保留にしておきましょう。



なるべく荷物を少なくしておく

引越しの費用は荷物の量で決まります。特に、大きな荷物は費用プラスの要因になります。ですので、必要のない家具、家電は引越し前に処分します。

大きな家具を粗大ゴミに出すと、処分費用がかかります。ですので、ジモティーに出品して売ったほうがいいです。

いらないものをお金をかけて運ぶなんて、お金がもったいないです。

もう一つ、イケヤの家具がある場合は注意が必要です。イケヤの家具を運んでくれない引越し業者、保険料をプラスして請求する引越し業者が多いです。

どの引越し業者にも、「イケヤの家具はありますか?」と聞かれるので、なんでイケヤの家具だけ特別なのか聞いたことがあります。イケヤの家具は壊れやすいから、とのことでした。

イケヤの家具があると、面倒なので、必要のない家具だったら処分しておいたほうがいいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加