太ってよかったこと。39kg→48kgになっていいことがたくさんあった

体重の変化が激しいです。最高70kgぐらい(怖くて体重計に乗ってない)。痩せてる時は39kg。身長159cm。

太ってる時は私デブ、という自覚があるけれど、痩せている時は不思議と自分が痩せているという自覚がありません。

激ヤセしていた時は気がつかなかったけど、痩せてるって、生活が大変です。

痩せていると困ることがたくさん

寒い。とにかく寒い。

寒いです。冬はコートを着ているのに、風が吹くと一瞬で冷えます。家に帰って体温計で体温を測るとエラー。多分体温35℃以下。

夏のオフィスは最悪です。寒くて手がかじかんで、文字が書けません。オフィスにフリースのひざ掛けを持ち込み、肩からかけて、脚が冷えないように椅子の上で正座し、温かい飲み物を飲みながら、仕事をします。

夏のオフィスはメタボのおじさんに合わせた温度設定だから、体重が48kgの今も寒いです。だけど、痩せてる時の寒さは半端なかったです

着られる服がない

細すぎて、既製品はブカブカ。スキニージーンズもブカブカ。

ウエストが56cmだったのですが、56cmのビジネス用のパンツやスカートがありませんでした。だから、いつもワンピース。合う服がなくて、いつも同じ服を着ていました。

肌がスカスカ

痩せると肌の潤いがなくなります。表面的には肌荒れしているような感じではないんだけど、全くハリがない。肌の表面が乾いたスポンジ状態。

肌は汚くないのに、枯れた感じになります。見た目−5歳。

すぐに疲れる

体の中にエネルギーがないので、すぐ疲れます。1キロぐらい歩いたら、カフェで休憩。疲れるので、休日は全く外出しなくなり、外出する時は仕事だけ、うつまらない生活に。

痩せた理由

仕事が原因で、みるみるうちに痩せていきました。忙しくてご飯食べる時間がなくて痩せたわけじゃありません。わざとご飯を食べなかったのです。

部署移動で新しい仕事を同時並行で大量にこなさなければならなかった時のこと。前任者がダメダメで、引き継いだ業務は全てぐちゃぐちゃでした。

未経験の分野なのに、それを全て正常化しなければならない。普通の集中力ではこなせない。

集中力を高めたい時、食事を抜く、ということを子供の時からしていました。食事を抜くと集中力が増すんです。

どのくらい抜くかというと、朝は水のみ、昼はコーヒー牛乳500ml、夜は牛丼半分。この生活を続けると、集中力がみなぎってきます。頭の回転が早くなり、勘が鋭くなり、普段の10倍ぐらい頭が良くなります。

5キロぐらい痩せた頃、業務が正常化し、食事抜きの生活をする必要がなくなりました。食生活を元に戻そうとしました。しかし、食欲が戻らない。なぜかわからないけど、食べることが楽しくないんです。

そして、まともに食べないまま1年。身長159cm、体重39kg。

2年かけて9kg増加、いいことがたくさん

正社員のフルタイムの仕事を辞めて2年。ストレスから解放されたのか、徐々に食べることにも興味が出てきました。

雑誌やテレビで見たお店に行って見たり、クックパッドで料理をしたり。そしたら少しづつですが、体重が増え始めました。

体重が増えると、いいことがたくさんありました。

周りの人達に心配されなくなった

痩せていた時は、会う人会う人、とにかく「食べろ!」と食べさせられていました。何を大げさな、と思っていたけれど、今思えば周りに心配をかけていましたね。

158cmで39kgという体型は、誰が見ても細すぎます。一反もめんみたいにペラペラです。

最近友達や知人に会うと「やっと普通になったね!」と言われます。

寒くない

仕事中、手がかじかむことがないので、タイピングスピードが上がり、仕事が早く終わります。

服、外に出て、体温が下がりすぎてぼーっとすることもなくなりました。

お出かけが楽しい、疲れない

土日や仕事終わりのお誘いに、顔を出せるようになりました。

痩せていた時は、外出すると疲れてしまうので、長時間の外出は控えていました。太ると、身体中にエネルギー元がたんまりあるからなのか、疲れにくくなります。

痩せている時は5時間続けて外出すると、疲れてすぐ家に帰りたくなっていましたね。子供並みの体力でした。

痩せれている時は、女子から「うらやまし〜」と良く言われたけど、痩せすぎてていいことはあまりないです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加