断捨離のすすめ。不要なものを捨てると無駄な欲望も一緒に捨てられる

昔は物を捨てられないタイプでした。今は捨てる物がありません。捨てる物を買わなくなったからです。

昔、部屋が不要なもので溢れていた

「もったいない」という言葉が大好きで、使えるもは何でも溜め込んでいました。いつか読むだろう本、いつか着るかもしれない服、去年買ったアイシャドウ、記念にもらったメモ帳やボールペン。

物を捨てないのはエコだ!と思っていて、社会の役に立っている気がしていました。引っ越しのたびに、使わないものを段ボールに詰めて運び、来年着るか分からない服をクリーニングに出していました。

不要なものが、不要なものを呼ぶ

不要なものが部屋にあると、不要なものがあることが当たり前になります。当たり前になってくると、どんどん買ってしまいます。不要なものがあっても気にならなくなります。

例えば、ちょっと色や形が変わってる靴。見た目はかわいいんですが、だけど、どうやって着こなせばいいか分からない。だから、すぐに履かなくなります。資格の本や、ダイエット器具など、1度ぐらい使ったかな?というものがクローゼットの奥にありました。

何ですぐに使わなくなったんだろう、と考えると、理由はすごく単純でした。

自分をよく見せたい願望が不要なものを買わせていた

かわいい靴や服を何で買ってたか、という理由を掘り下げてみると、自分をよくみせたかったからなんですね。この靴おしゃれだから、友達に褒められるかな、とかそんな理由で買っていたんです。本当はその靴は好きじゃなかったんです。

ダイエット器具も同じですね。ダイエットなんてメンドクサイことを本心ではしたくなかったんです。だけど、デブて思われたら恥ずかしいから、とりあえず買ってしまう。そして使わないの繰り返しでした。

人によく思われたい、という言葉になってなかった欲望が、不要なものを買う、という行動にあらわれていたんですね。本当に自分が欲しいものじゃなかったんです。

そして、もったいないから捨てられない。だからどんどん不要なものが溜まっていました。

物を買った理由を考えるようになったきっかけ

ある日、「断捨離」という言葉に出会いました。今では誰でも知っている、有名な言葉です。10年前ぐらいだったでしょうか。

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

  • 断:入ってくるいらない物を断つ。
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
  • 離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。

出典:goo

「「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心」というところに、はっとしました。断捨離は「もったいない」という言葉を肯定的に捉えていないのです。

「もったいない」は執着です。執着から離れることにしました。

断捨離実行

自分の部屋の8畳間にクリアケースに入った洋服を出してみました。あっという間に服の山ができました。一つ一つ手に取ると、いつ着たか分からない服が続々でてきたのです。

全然着ていない服を45リットルのゴミ袋に入れていくと、5分ぐらいで一袋一杯に。迷ったものはもう一度クリアケースに入れて、使わないものはゴミ袋に入れる。

1時間後に仕分けが終わると45リットルのゴミ袋が4袋一杯に。私の「「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心」が少しづつ溶けていった瞬間でした。

週末ごとに、部屋の中にあるものを断捨離していきました。本や化粧品、バスタオルなど、これってなんで買ったんだっけ、何で持ち続けてるんだっけ?と問いかけながら要るものと要らないものを分けていきました。

不要な物がなくなり、自分の真の欲望を知る

物を捨てると気分がスッキリする、年末の大掃除などで、こんな気持ちになったことのある人も多いのではないでしょうか。

断捨離をした後、心がフラットになったというか、今までこうなりたい!と望んでいたはずのことがどうでもよくなりました。

キレイになりたい、モテたい、いい仕事につきたい、、、、たくさんの欲望がありました。

だけど、本当にそうなりたかったのか、と言われると、そうじゃないんですよね。キレイになりたい、とか、モテたい、というのは、雑誌やテレビでそういう人の方が人としてレベルが高い、とされているからなんです。

本当は自分が満足する状態は何か。

断捨離していたら昔の夢を思い出しました。

「世界中、気になるところに全部行ってみたい。トランク2つで旅したい!」

私の欲望はものをたくさん持つことと真逆だったのです。

断捨離は意識的に継続する

初めて断捨離した時から、10年経ちましたがその後も度々欲望が生まれます。自分が望まない欲望に振り回されると心が落ち着きません。ですので、強制的に断捨離するために、引っ越しをするようにしています。

今、私の持ち物はベッドと机といす、段ボール10箱分ぐらいの服や靴、鞄などで全部です。

欲望はないのか、と言われると、一時的に欲望が生まれる時はありますが、どうせすぐなくなる欲望だ、と適当に付き合えるようになりました。

最後に、こんまりさんお「人生がときめく片付けの魔法」のリンクを貼っておきます。断捨離しようか迷ってる方におすすめの本です。私は断捨離をしてからこの本を読んだのですが、共感できる部分がたくさんありました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加