「いきなりステーキ」に女性一人で行った!店内画像あり

たまーに突然襲われる、肉が食べたい!という欲望。

肉の塊が無性に食べたくて、「いきなり!ステーキ」に一人で行ってきました!

コックさんがお肉を焼いてくれるお店

%e3%81%84%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%80%80%e5%ba%97%e5%86%85

店内に入ると、まず視界に入ってくるのが厨房です。

本格的なステーキハウスじゃん!

お肉への期待値が更に上昇⤴⤴

注文は半分セミオーダー

まず、席でサイドメニューを選びます。

img_4618

テーブルにメニューが置いてあって、サラダ、ライス、ビールなどの肉以外のメニューを選びます。

サイドメニューは店員さんが注文を聞いてくれます。

そして、お肉。

厨房に行って、コックさんに直接お肉を注文する仕組みです。

お肉の種類とグラム数をコックさんに伝えると、その場でお肉を切り分けて、測ってくれます。

グラム数分だけお会計が発生する仕組みです。

お腹は空いていたけれど、食べきれるか不安だったので、ヒレ肉を200g注文しました。

焼き方は無難にミディアムレアで。

お肉が焼けるのを待つ

お肉は分厚かったので、焼けるのに時間がかかりそうでした。

暇だし、お腹が空くし、気を紛らわせるために、ひたすら調味料を観察。

いきなりステーキ 調味料

塩、コショウ、ドレッシング、ワサビ、おろしにんにくなど、色んな調味料があります。お腹が空いていたので、塩を舐めながら、お肉を待ちます。

食べる!

10分ぐらいして、ようやくお肉が到着!

サイドメニューのサラダとライスも到着!

img_4621

さあ!食べよう!

お肉にナイフを入れるo(`д´ 。)

固い!固い!固ーーーーーーーい!

和牛と違って、がっしりしています。

断面。赤みが残っています。

いきなりステーキ ひれ肉

食べる!

固い!

アメリカ人が、がっついていそうな、がっしりした赤身肉です。

お肉食べてる~♪♪って感じの赤身肉です。

うまーーーーーーい!!!

200gのお肉がちょどよくお腹におさまりました。

付け合わせのサラダとライスを足して、お会計、1,897円。

ごちそうさま!

女性一人でも全然目立たない

ステーキ専門店で、しかも、立ち食いという、いかにも「男子!」な感じのイメージがする「いきなり!ステーキ」なのですが、女性一人で入っても、他のお客さんの視線を感じるなんてことはありませんでした。

だって、みなさん、お肉に夢中なんですもん。

お肉に集中して、ただ黙々と食べ続けるていて、周りのことなんてまったく気にしている様子なし。

肉好きが集まるお店なんですね。

「いきなり!ステーキ」へ再び一人で!

またまた突然肉が食べたくなって、行ってきました。「いきなり!ステーキ」。

ランチのステーキ300g、1390円。

真ん中で、ちょこん、と渦巻いてるのバターです。

肉、分厚いです。

写真では分かりにくいですが、アツアツで、湯気がもくもく立っています。

うん!おいしい。

バターを付けると、更に良い!

300gも食べると、さすがにお腹いっぱいで、張り裂けそう。

でも、大満足!

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加