無期契約社員って何?正社員と何が違うの?平成30年4月1日から何が変わるの?

2018年4月1日から契約社員の雇用契約が無期限契約になります。

派遣社員から契約社員への打診を受けることもあるので、気になって調べてみました。

労働法の改正

約4年前の8月10日、労働法が改正されました。

Ⅰ 無期労働契約への転換

有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間 の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。

Ⅱ 「雇止め法理」の法定化

最高裁判例で確立した「雇止め法理」が、そのままの内容で法律に規定されました。 一定の場合には、使用者による雇止めが認められないことになるルールです。

Ⅲ 不合理な労働条件の禁止

有期契約労働者と無期契約労働者との間で、期間の定めがあることによる不合理な労働 条件の相違を設けることを禁止するルールです

施行日

Ⅱ:平成24年8月10日(公布日)

ⅠとⅢ:平成25年4月1日

出典:厚生労働省

関係あるのが、Ⅰです。平成25年4月1日から契約社員になった人で5年働き続けた場合、平成30年4月1日以降は期限のない雇用になる、ということです。

無期契約社員と正社員とは何が違うの?

直接雇用されている無期契約社員は、正社員と一緒なんじゃない?と思いますが、そではないようです。今の仕事をずっと定年まで続けられる契約社員だそうで、賃金も正社員より低いままでOKなのだそうです。退職金もなくてOK。

多分、こういう前提で法律が作られてるんでしょうね。

契約社員は正社員より難易度が低く、責任の低い仕事をしている。

大手企業だったらそうかもしれませんね。銀行なんかは各々の職務の範囲がしっかり決まっていているので、正社員と非正社員の仕事内容ははっきり分れています。

でも、多くの企業はそうじゃないと思うんですよね。正社員も契約社員も同じ仕事をしてる会社が多いんじゃないでしょうか。

2018年4月1日になったら契約社員は何が変わるのか

3年ごとの契約更新手続きがないだけで、あとは何も変わりません。

働く側にとっては、契約終了後に次の仕事を見つける労力が省けるし、企業側にとっては、安く人を雇い続けられる根拠ができる、ということなんでしょう。

大手の銀行やユニクロなどは「地域正社員」という職種を設けています。全国転勤がない代わりに、待遇もそれなり、という職種です。

待遇の差の理由がはっきりしていれば、納得感があります。でも、現在正社員と同じ仕事をしている人が無期契約社員になったとしたら、少し不満が残りますね。

平成30年が近づいて来たら、企業側はどういう反応をするのでしょうか。経過観察していきます。

この記事も合わせてお読みいただければと思います。

やりたい仕事を信頼できる派遣会社を通してする方法
やりがい仕事があるけれど、派遣会社がいまいちなところ。そんな時はいい派遣会社に自分から営業依頼をしてみる。

やりたい仕事を信頼できる派遣会社を通してする方法

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク