上司さんにお願い。部下の貴重な時間を居酒屋で浪費させないで

何かあれば、「飲みに行こうか!」と誘う上司。本人は部下にサービスをしているつもりかもしれませんが、部下hは全然ありがたくないですよ。

おごりでも、上司との飲みは、サービス残業

「おごるから、飲みに行こうよ!」

おごると言えば、部下が喜ぶと思っている上司がいました。おごるんだから、サービス残業とは言わせないぞ、みたいな雰囲気で。

いや、3000円おごってもらっても、割に合わないんです。3000円で3時間拘束。たかだか時給1000円、しかも現物支給。

だったら、オフィスに残って会社から残業代もらいたいのですが。

上司との飲み会は、上司の接待

上司との飲み会では、部下がアレヤコレヤと上司の世話をしなくてはいけません。

グラスが空になりかけていたら、「次のお飲み物は何にしますか?」って聞かなきゃいけないし、料理が届いたら、上司のお皿に取り分けなきゃいけないし。

これ、仕事です。

部下は仕事が続けられるように、お酒を控えめに飲みますし、上司のお財布事情を考えて、食べたいものではなく上司が支払えるものを注文します。

そして、失礼がないように、完食するのです。

何で居酒屋で仕事の悩みを聞き出そうとするの?

食事とお酒が一巡したら、上司の「最近仕事どお?」とかいう話が始まります。

ハイきたー。

お酒が入るとホンネで悩みを話すと思っているんですか?いや、話しませんよ。話すわけないじゃないですか。話したところで解決するわけじゃないし。もし解決すると思ってるんなら、昼オフィスで話してますよ。

万が一、ホンネを話したとしますよ。仕事の悩み、困っていること。

あなた、そのアルコール漬けになった頭で聞いて、明日まで覚えてるんですか?話を正確に理解できるんですか?

真剣な話をアルコールが入った状態で聞いてやろう、って失礼じゃないですか?本当に聞きたいなら、頭がしっかりした状態で聞くべきじゃないですか?

居酒屋で部下を褒める上司。それ、昼間オフィスで言ってくれない?

普段、オフィスで理不尽なことを言う上司でも、居酒屋では、「いやー、君はすごいねー。期待してるよー」なんて言い出します。

サリーマンの時、これが一番不思議でした。周りに見せつけるかのようにオフィスで部下を叱りつける上司が、居酒屋では部下を褒めちぎるのです。

アメとムチの使い分けをしようとしているのでしょうか?「部下の心は居酒屋でコントロールせよ!」みたいなマニュアル本でもあるのでしょうか。

いくら褒められも、正直何とも思いません。とりあえず早く帰りたいのです。

もし、褒めてくれるなら、仕事中に褒めていただけないでしょうか。そしたらサービス残業にならないから。

優秀な上司ほど、部下の時間を大切にする

飲み会に部下を連行する上司は、仕事的にイマイチな上司でした。部下と仲良くなることで、部下がもっと自分のために働いてくれる、と思っていたようです。

そんなこと、あるわけがありません。居酒屋で自分への求心力を高めようとする上司は、ただの時間泥棒です。

優秀な上司は時間の大切さがわかっています。今、という時間は、今しかなく、過ぎたら戻ってこないのです。

だから、部下のプライベートな時間を奪ったりしません。仕事の話は勤務時間中にしてくれます。居酒屋で結論の出ない話をだらだらするなんてことなんてしません。

上司さんへ。

部下を居酒屋に誘っても、仕事の効率が良くなるわけではありません。あなたを嫌っている部下が、好きになってくれる、ということもありません。

居酒屋で3時間潰すぐらいなら、家に帰って肌の手入れをした方がよっぽど時間を有意義に使えます。

お風呂にゆっくり浸かって、スチーマーをして毛穴を広げて、毛穴の汚れをしっかり落として、毛穴を閉めて、パックして、全身ボディークリームを念入りに塗り込んでも、まだお釣りがくるぐらい、長い時間なのです。

仕事の話は仕事時間内にお願いします。そして、居酒屋にはご友人と行ってください。

 おすすめ記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加