1ヶ月で50→70万円に。株は最高の副業だと思うんだ

最近株取引を再開しました。

2日で100万円損をして、株取引をお休みして2年。

損した心の傷も癒え、株取引を再開しました。

そんなに肩肘張らず、気の向くままに、気楽に、テキトーにやっていたのですが、収益を確認てみると、月20万づつぐらい稼げてる!!!

稼げるようになったきっかけはウルフ村田さん

ソファーでゴロゴロしながら、Macをたまにチラ見して億単位を稼ぎ出すウルフ村田さん。

有名な女性トレーダーです。

たまたまネット広告でウルフ村田さんを見て、昔の職場の同僚が「ウルフ村田みたいな人生送りたい~。うらやまし~。」と言っていたのを思い出しました。

当時、株取引には全く興味がなくて、「変な名前やな」ぐらいにしか思っかったのですが、何となくyoutubeで検索してバラエティーに出演しているウルフ村田さんを見てみました。

このひと、めっちゃおもしろいやん!!!

タレントより面白いやん!!!

東主席卒業なのに、キャバ嬢で、下ネタ大好きだし、人がごった返している歩道でいきなりしゃがんでメイクしはじめたりと、行動が変!

すっかりはまって、「ウルフ村田」をキーワードにネットサーフィン開始!

ウルフ村田さんは株のトレーダーなので、主に株について発信されています。

ウルフ村田さんを追っかけていたら、知らず知らずのうちに、株についての知識がたくさん身についていました。

ウルフ村田さんのtwitterで過去に100万円した理由を知る

ウルフ村田さんのtweetを読んでいて気が付いたんです。

あー、私が大損したのは当たり前だったんだなーって。

何も知らなかったんですよね。相場のこと。

株を始めて大損した時、「仕手」という言葉すら知りませんでした。

「仕手」というのは、短期的に利益を得るために、相場の価格を吊り上げたり、吊り下げたりすることです。

大量に株を買い、価格が上がると思わせて買いを煽り、上がりきったところで一気に空売りをします。そして、急激に値を下げて、底値で買い戻すのです。

株価を意図的に作り出すことは法律で禁止されていて、バレると逮捕されます。

ですが、逮捕ギリギリのところで価格を操作している人がいるんですよね。

そんなことも知らないで、いきなり株取引始めるなんて、裸でライオンの縄張りに立ち入るようなものです。

6つルールを決めて投資(投機)を楽しむことにした!

少し勝つと、気持ちが大きくなって大失敗してしまうので、株取引を再開する前に、取引ルールを決めることにしました。

1、運用資金は50万まで

運用資金が多いと、「まだまだ、他のも買えるじゃん」と、テキトー買いをしてしまいたくなります。

うわ!この銘柄、すっごい下がってるじゃん。そろそろ上昇するんじゃない?って。

そんなことはありません。適当に買うと、損します。

なので、テキトー買いができないように、運用資金を50万円までに決めました。

資金が少ないと、本当に買ってもいいタイミングなのか、しっかり調べて、よく考えてから買うようになるからです。

ちゃんと考えて買った方が、当たり前ですが、勝つ確率は上がります。

口座の資金が50万を超えたら、超えた分は出金しています。

2、信用取引はしない、現物のみ

これもテキトー買いを防ぐためです。

信用取引は、50万あれば、150万ぐらい取引ができます。150万円もあると、テキトー買いしたい衝動が高まってしまいます。

テキトー買い防止のため、信用取引は禁止しています。

ただ、これは、今のところ禁止しているだけで、テキトー買いをしない自信がついたら、解禁しようと思っています。

3、1銘柄に資金を集中させない

株は「上がる」、「下がる」の2パターンしかありません。

1銘柄に全資金を投入すると、その銘柄が下がったら、大損してしまいます。

ですが、3銘柄に分散しいていれば、3銘柄全て同時に下がる、ということは、ほぼなく、1つの銘柄で損しても、他の銘柄が上がっていれば、トータルで勝つことができるのです。

買う時は、それぞれの銘柄の株価が連動しない銘柄群を選ぶようにしています。

例えば、「東証一部銘柄」と「マザーズ銘柄」から1銘柄づつ選ぶパターン。東証一部銘柄が上がると、マザーズ銘柄は下がる傾向にあります。

他に、「バイオ関連銘柄」と「ゲーム関連銘柄」から1銘柄づつ選ぶパターン、です。

株は連想買というのがあります。バイオ関連のある銘柄が上がり始めたら、他のバイオ関連銘柄も上がり始める、というものです。

そして、下がるときも関連銘柄が一斉に下がり始めます。

ですので、連想買いが起こらない、全く関係のない業界の株を同時にもつことで、リスクを分散するようにしています。

4、テクニカルで底値を確認してから購入

「安く買って、高く売る」

安く買えれば大きな利益が出ます。

株価は上がったら下がります。そして、また上がります。下がっている株価がいつ上がるのかを移動平均線やポリンジャーバンドなどを見て、推測します。

5、購入時に損切ラインも決めて、購入後は即逆指値を設定

じっくりと検討してから購入したからといって、絶対儲かるなんてことは100%ありえません。

ですので、購入する前に、「いくらまで下がったら手放すか」という損切ラインを決めます

そして、購入したら、すぐに、逆指を値設定をします。逆指値設定は、いくらまで下がったら売る、という設定のことです。

底値で買ったと思っていても、更に下がり続けるということはよくあります。

6、欲張らない、そこそこで売る

「底値で買って、最高値で売る」

こんなことができたら、すごいと思います。爆益です。

残念ですが、そんなこと、100%できません。

順調に株価が上昇し始めると、もっと上がるんじゃないか、と変な期待を抱きがちです。

なので、銘柄にもよるのですが、購入時から140%ぐらい上がったところで一度手放します。

それ以上、株価が上がることもよくあるのですが、突然暴落し、買値より下回ることもよくあります。

欲張らず、確実に利益を得るように心がけています。

投資(投機)の1日のスケジュール

株の投資というと、モニターを5台も6台も並べて、キーボードをガチャガチャやっているイメージが強いと思います。

ですが、私はパソコンなんて一切使いません。すべてスマホ1つです。

スマホを使って、隙間時間に株取引をしたり、情報収集したりしています。

私の株に関する1日のスケジュールはこんな感じです。

■7:30 情報チェック

ベッドの中でスマホで以下の情報をチェックします。

  • ドル円為替
  • ニューヨークダウ終値
  • 持っている銘柄・監視している銘柄のPTSの終値と、最新情報

■8:30 twitterチェック

化粧や髪をセットしながら、ウルフ村田さんのtweetを中心に情報をチェックします。

■9:00-10:00 売買

売買は通勤時間中、電車の中や信号待ちの間に行います。

そこそこ利益が出ている銘柄は、この時間帯に売ってしまいます。

値動きを見て、買い注文を出しておくこともあります。

始業時間が10時なので、10時になったら一度、株から離れます。

■10:00-15:00 twitterチェック&売買

仕事中なので、ずっと値動きを追うことはできないのですが、たまに、トイレで値動きやtwitterの情報をチェックします。

だいたい、1時間に1回ぐらいの頻度です。

この時に何かすることはほとんどないのですが、たまに、急騰していることがあります。

急騰している銘柄は、トイレの中で売り注文を行います。

■17:00-17:20 twitrer チェック&保有銘柄の情報確認&購入検討銘柄を探す

帰りの電車の中でもtwitterで情報をチェックします。

電車に乗っている時間は20分なので、20分間でできることだけをします。

いいかも、という銘柄が見つかったらテクニカルをチェックしたり、yahooファイナンスの掲示板を確認して、買うか買わないか、買うならいくらで買うのか検討します。

1日のスケジュールはこんな感じです。ほとんど通勤時間中に済ませています。土日は何もしません。

株は女性の副業に向いている

株取引を再開して思ったのが、株の副業は女性に向いているな、と思いました。体力が全然いらないからです。

隙間時間にスマホを見るだけで、作業が終了します。

睡眠時間を削ったり、夕食をコンビニ飯にして時間を確保したり、一昔前の猛烈サラリーマンみたいなことをしなくてもいいんです。

株はプライベートな時間を十分確保しながら続けられる副業です。

5万ぐらいから始められるので、興味のある方にはおすすめです。(必ず勉強してから取引を開始してくださいね!)

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加