無理やり管理職にしないで!っと女性は思っています

管理職はやりたい人がやるべきだと思うのですが。

男性労働力が少なくなるから始まった、女性働け作戦

少子高齢化で働ける男性が少なくなるから、代わりに女性で労働力を補おう、という随分女性に失礼な考え方で始まった女性を社会へ出そうとう政策。女性活躍推進法なるものができました。

女性の管理職比率を30%にあげよう、と政府が頑張っています。数値目標を作ることはいいと思います。やってみることは悪いことではない。

だけど、これ、名ばかり管理職を作るとか、そういうことをしないと達成できないと思うんですよね。

損得勘定で、損な選択をしないだけ

女性は損得勘定が強い生き物です。

「管理職に推薦するよ!」

なんて言われたら、

「じゃー、会社辞めます」

ってなる人もいるんじゃないでしょか。

私がサラリーマンだった会社も男性が中心の会社だったけれど、女性の管理職を作らないと、遅れた会社と見られてカッコ悪いという理由で、女性管理職の登用を目論んだわけです。

女性社員、一斉に逃げ回り始めました。

「子供ができたら辞める」が普通の会社だったので、「子作り本格化しようかな」とか、既婚の子供がいない40代女性は「親の介護が」とか言い始めたのです。

どーしてもなりなくないのです。損なんです。管理職なんて。

労働時間が増えるのに残業代は増えますし、男性の嫉妬の世界へ巻き込まれて、ストレスフルになることが決定しているわけです。

9時出社、5時退社が保証されている年収400万と、残業代なし、目的のわからない会議に参加して、部署間の責任のなすりつけあいに巻き込まれて年収800万だったら、年収400万を選ぶのが女性です。

女性にとって、地位とか名誉とかどうでもいいんです。自分の生活を満足させてくれる働き方の実現が最優先なんです。

たかだか年収400万の差で、人生の満足感を捨てられないのです。

「猛女」は嫌、普通の女性でいたいのです

参考になる女性の先輩がいないから、管理職になるイメージがつかないんじゃないか、なんてこともネットに書かれています。

そうですね。いません。

どこの組織にも1人ぐらいは女性管理職がいます。朝早くから夜遅くまで働き、4時間睡眠でもOKな猛女。たいてい、独身か子なしの既婚。

頑張ってきた猛女たちには大変申し訳ないのですが、多くの女性が猛女を目指していません。強靭な肉体と精神を持ち合わせておりませんし、損してしまうことに対して、頑張れるわけがありません。

女性総合職は男性社会に侵入したエイリアン

既存の大企業は男性中心の組織です。その組織にいきなり女性が管理職として参加するってそもそも無理なんじゃないかと思うのです。

企業は一つの国のようなものです。男性中心の国にはその国特有の文化があります。そこにいきなり女性を放り込むって、どちらにとっても酷な話です。

サラリーマンの時、おじさん社員に言われた言葉があります。

「女性総合職は男性にとってエイリアンなんだよ。」

男性の世界に侵入してきた部外者、という意味だったようです。なるほど、そのように感じるのか、と思いました。

私が勤めていた会社は子持ちの男性社員の妻は専業主婦が当たり前。団塊の世代と変わらない家族のあり方なのです。

女性にとっての幸せは、結婚して子供を産み育てることで、仕事をすることじゃないと思っているのです。学校から帰ってき子供を家で迎えることが女性の幸せだと本気で思っているのです。

私にエイリアン発言をしたおじさんは、女性蔑視をするようなおじさんではありません。ですが、そういうおじさんであっても、「女の子に生まれたのに、何で仕事したいの?」と不思議に思っていたのです。

この感覚のズレ、簡単に埋まるものではありません。今まで男性中心の会社に女性を放り込むなんて、男性女性、どちらにとっても酷な話です。

風俗での接待が普通にまかり通っている現場にも女性を入れるの?

管理職云々の前に、男性は風俗で接待してますよね。管理職云々の前に、風俗での接待が慣例になっている男性社会にが入り込むのが無理なわけでして。(もちろん全ての企業じゃありませんが)

社会人になっても、大学生時代の仲間と度々会いますが、男の子たちの変化がすごいです。

「上海のあそこのカラオケ、可愛い女の子が多いよ」

なんて話をし始めるのです。

公衆の面前なので、ダイレクトな表現はしませんが、どうも中国のカラオケは、買春相手を見つけるところのようなのです。

10年前、その男の子たちは、女性と目を合わせてまともに話せないぐらい、ウブ、でした。なのに、社会人になってアレヨアレヨという間にゲスになってしまっていました。

彼らの会社は男性中心の社会で、女性総合職は経理か総務にしかいないのですが、それも納得ができる話です。

そんな会社でも一律女性管理職30%?

管理職に無理やりならされたら、その女性は被害者です。

というわけで、逃げ回る女性に、管理職になれなれ言うの、やめてくださいね。もし、数字だけ合わせたなら、「係長」みたいに権限がない管理職を大量に作って、帳尻合わせしてくださね。それならOKです!

 おすすめ記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク