コスパ最高!!東京駅八重洲口の海鮮丼屋さん「つじ半」

バラエティー番組でデビ夫人が絶賛していた「つじ半」の「ぜいたく丼」。

めちゃウマーーーー!!!

これが「ぜいたく丼」だ!!

上から見た「ぜいたく丼」。

横から見た「ぜいたく丼」。

どんぶり飯の上にデーンっと具が盛り付けてあります。

具は、ブリ、サーモン、鯛、いくら、数の子、きゅうり、長ネギ、あとコリコリした魚でした。(多分、これで全部)

醤油にわさびを溶かして食べるのが、お店オススメの食べ方なのですが、わさびも醤油もいらないぐらいでした。魚がすごい新鮮なんです!美味しいんです。醤油やわさびをかけるのがもったいないぐらいの美味しさなんです!!!

美味しいのはもちろん、数の子、キュウリのコリコリした食感のアクセントが抜群なのです。全てが美味しすぎるのです。

「ぜいたく丼」を待っている間はブリを楽しむ!

「ぜいたく丼」を待っている間に出されたゴマだれのブリです。

生まれて初めて刺身をゴマだれで食べましたが、めちゃウマでした。ごまダレうま!

今後、家で刺身を食べるときは醤油とゴマだれドレッシングが必須になりそうです。

〆はタイだし茶漬け

つじ半 鯛茶漬け

「ぜいたく丼」を食べ終わった後、〆の鯛だしを器に注いでくれます。白米を入れるかどうかは選べて、白米無しでもOK。

このお茶漬けが、またまた絶品なんです。魚の旨味全てを抽出しました!という感じのだし汁なんです。

ほんの少しミョウガが散らしてありますが、たまに感じるミョウガの味がまた爽やかで。

あっという間に完食!!!

ごちそうさまでした!

メニューは3種類

つじ半 メニュー

メニューはシンプルに3つのみです。今回は「梅」990円(税込)を注文しました。東京駅のすぐ近くで、これだけ美味しいものが990円で食べられるのです。驚きです。

ちなみに「松」・「竹」は、いくらやウニのような高めの具材の量が増えます。量は「梅」とそんなに変わりません。

食べ方は事前にyoutubeで見ておきましょう!

初めてお店に行ったので、どう食べればいいかわからず、周りをキョロキョロしてしまいました。

動画では、お醤油を全部まわしかけていますが、全部かけてしまうと塩っぱいかなと思います。具材の塩味がしっかりしているので、お醤油は具材を味見してからかけることをオススメします。

東京駅に行った時は是非!

最後までお読みいただきありがとうございました。