(説明画像つき)Amazonのプライム会員になった覚えがない。解約する

使わないサービスはどんだけ安かろうが解約する主義です。

今日届いたクレジットカードの請求書を見ると、アマゾンプライムカイイン名義で3,900円引き落としがされている。

アマゾンプライムカイイン。

君、誰?

多分、あの時にポチった

2ヶ月前ぐらいにファンデーションを買いました。その時に、「プライム会員1か月お試し無料」みたいなポップがあがってきたような気がします。勢いで、ポチったんでしょう。

契約解除を申告しないと、自動更新される仕組みだったんですね。多分、注意書きみたいのがあったんだろうけど、よく見ないでポチッたんだろうな。

いかん、いかん。

Amazonのプライム会員って?

いろんな会員特権があるようです。

① お急ぎ便の利用や、日時指定ができる

② プライム会員限定先行タイムセールに参加できる

③ 映画やテレビ番組が追加料金なしで見放題

④ 100万曲以上の音楽が聞き放題

などなど。

急いで必要になる物なんてないし、宅配BOXがあるから日時指定も必要ない。セールで買いだめしなきゃいけないものもない。映画やテレビはGYAOで十分。音楽聞かない。

どれも必要のないサービスなので、できれば解約したい。

解約手続きは簡単だった

解約手続きのステップは7つ。2分あれば終わります。

1、アマゾンのサイトにアクセス

メニューの「プライム」をクリック

1

2、プライム会員のページへ

画面の下の方に、「Amazonプライム会員情報を管理…」とあるので、ここをクリック

2

3、会員情報のページへ

「会員資格を終了する」をクリック

3

4、会員退会ページへ

「すぐに終了する」をクリック

4

5、会員退会念押しページへ

「会員資格を終了します」をクリック

5

6、退会できたかメールで確認

無事退会処理ができていました。既に引き落としがあった3,900円が返金されるそうです。(追記:1ヶ月後に返金されました。)

7

たかが3,900円だけど、されど3,900円。

継続課金されるものは、知らず知らずのうちにお財布を圧迫してしいまうので、要注意です。

1年後に解約しよっかな、なんて思っても、1年後のに解約することを覚えているはずがない。

私は、必要がなくなった段階で、さっと解約してしいまっています。

 おすすめ記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加