チケット転売は、なぜ悪いことなのか?逮捕された女性の判決

2016年9月15日に嵐のチケットを転売していた女が逮捕されました。なんで逮捕されたの??わからん。

そこで、調べてみました。

チケット転売がなぜ逮捕されるほど悪いことなのか

このニュースを聞いた時、なぜこんなことで逮捕されるのかわかりませんでした。10年前からヤフオクでチケットが売られていたし、人気のあるチケットは高値で取引されているなんて当たり前のことでした。

人気があるんだから、みんな欲しいし、高くなるのは当たり前。そこに疑問を持ったことがありませんでした。

9月15日に逮捕された女性の逮捕理由は「古物営業法違反」。チケットって古物なの?古物って骨董品屋さんにある壺とか刀とか、そういったモノだと思っていました。

古物営業法をみると、こんなことが書いてあります。

第1条

この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。

第2条

この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

なるほど、ちゃんと法律に「使用のために取引されたもの」を「古物」と定義すると記載してありますね。だから開演前のチケットも「古物」と定義されるのですね。

古物営業法の目的は、「盗品の転売防止」と書かれています。

今回の転売事件に当てはめてみます。逮捕された女性、嵐のチケットを1枚1枚盗んで転売したわけじゃないですよね。

第2条の定義には当てはまるけど、そもそもの法律の目的「盗品の転売防止」と合致していないのです。それなのに逮捕って、変だと思うのですが。

過去にもチケット販売で逮捕された例はある

ヤフオクでも過去にジブリの「三鷹の森美術館」のチケットを大量購入し、逮捕された人がいました。215枚も買い占めたそうです。この時は「古物営業法違反」ではなく、「東京都迷惑防止条例違反」での逮捕でした。ダフ屋行為を取り締まった条例です。

第一条 この条例は、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等を防止し、もつて都民生活の平穏を保持することを目的とする。
(乗車券等の不当な売買行為(ダフヤ行為)の禁止)
第二条 何人も、乗車券、急行券、指定券、寝台券その他運送機関を利用し得る権利を証する物又は入場券、観覧券その他公共の娯楽施設を利用し得る権利を証する物(以下「乗車券等」という。)を不特定の者に転売し、又は不特定の者に転売する目的を有する者に交付するため、乗車券等を、道路、公園、広場、駅、空港、ふ頭、興行場その他の公共の場所(乗車券等を公衆に発売する場所を含む。以下「公共の場所」という。)又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、航空機その他の公共の乗物(以下「公共の乗物」という。)において、買い、又はうろつき、人につきまとい、人に呼び掛け、ビラその他の文書図画を配り、若しくは公衆の列に加わつて買おうとしてはならない。
2 何人も、転売する目的で得た乗車券等を、公共の場所又は公共の乗物において、不特定の者に、売り、又はうろつき、人につきまとい、人に呼び掛け、ビラその他の文書図画を配り、若しくは乗車券等を展示して売ろうとしてはならない。

つきまとって売りつけたらダメだよ、っていう内容です。

ヤフオクに出品している場合は、お客さんの方から積極的に近づいてきてますよね。なんでこんな条例で逮捕できるんしょう???

偶然のタイミング?高額チケット転売反対声明の直後の逮捕

多くの人が疑問に思っていることだと思いますが、見せしめ逮捕なんじゃないか、ということです。

9月11日に「高額チケット転売反対声明」が出ました。そして、多くのアーティストが声明に参加し、抗議を表明しました。

逮捕はその直後。これって偶然??

高額チケット転売反対声明の主張

サイトはこちら

要約すると、

「本当にコンサートに行きたい人が買えないので、高額で転売するのはやめてください」

とうこと。

確かに、チケットの代金が何倍にも膨れ上がったら普通の人は買えませんね。ファンを思いやっての声明のように見えますね。

しかし、本当にファンを思いやっているのか?

チケット転売の仕組みを自分たちで作ればいいじゃん

転売の温床になっている、と槍玉に挙げられたのが、チケットキャンプ。行けなくなったチケットを行きたい人に譲れるサイトです。行きたくてもチケットが入手できなかった人にとっては嬉しい仕組みです。

転売業者も出品していますが、チケットキャンプは転売業者への監視を強めており、対策を取っています。でも、未だに猛攻撃を受けています。

もし、定価以上で購入して欲しくないんだったら、自分たちでチケットキャンプのようなマーケットプレースを作ればいいんじゃない?と思いました。正規ルートで入手したチケットしか出品できず、定価販売しかできないようにすればいいんじゃないかと。

それをやらずして、チケットキャンプにわーわー言っても、問題は解決しないのに。

チケットの定価販売のための法整備??コンサートは社会福祉なの??

嵐のチケットを転売した女性が逮捕された時、業界団体が高額転売ができないように法整備を訴えかけていくという内容の記事を見ました。

そんな発想になるんだ、と驚きました。

チケットの定価販売が守られなきゃいけない「法益」って何でしょう?「本当にコンサートに行きたい人が買えるようにしたい」そうですが、本当に行きたい人は高値で手に入れています。

「貧乏人がコンサートに行けないじゃん!不平等だ!だからチケットは定価で買えるようにしなきゃいけないんだ!」ということでしょうか。

コンサートは社会福祉じゃないですよね。行っても行かなくてもいいものです。もっと言えば、あってもなくてもいいものです。

チケットを定価で入手することは、日本国民にとって守るべき「法益」ではないと思うのですが。

チケットの価格統制をしようなんて、北朝鮮のように、物の値段を自由に決められないような社会にしようとしているのでしょうか。

転売がなくなったら日常生活を送れない

身の回りには転売商品で溢れています。食べ物や服も全て転売されたもの。

問屋や、スーパー、デパートなどの小売店は全て転売業者です。転売業者がいなければ日常生活は成り立ちません。

高額な転売がよろしくない、ということなら、高価な絵画の取引も悪いことなのでしょうか。

チケット転売だけを「悪」とするのはかなり無理な話です。

まっとうな商売をしている会社を悪者に仕立て上げるのは「いじめ」なのでは?

今も昔も新しいものと古いものが入れ替わる時に起きることが変わりませんね。旧勢力がイケイケの新勢力を叩くという図式。

今回は、旧勢力が新勢力を悪者に仕立て上げるこに成功しました。広告宣伝活動が上手でした。理論はなく、感情的に競争相手のネガティブキャンペーンを行いました。

これはいじめと同じ構図です。いじめっ子リーダーの鼻につく行動をした、という理由でいじめが開始される、というのと全く同じです。

結局逮捕された女性はどうなったのか

10月6日に札幌地裁で、古物営業方違反で罰金30万円の略式命令が出されました。

罰金30万。

重いのか?軽いのか?

わからん。
荒稼ぎしてたなら、痛くもない金額です。本気で罰しようとしている判決だとは思えません。

逮捕された女性は、落ち度があったとしても、チケットキャンプを悪者に仕立て上げて感情的になっている様子は、非常に気分が悪いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク