送料62円のミニレター最強!厚さ制限なし!経費と時間を節約する!

フリマでの1日の出荷数が平均5個ぐらいなってきた!うれしい!今後も1月100個超えそうなので、郵送方法とか梱包にかかる費用や手間を見直しました。

アクセサリーの郵送は厚さ制限がないミニレターが最強!

出荷の95%はアクセサリーです。以前はアクセサリーをプチプチで包んで、封筒に入れてから郵便局へ行き、厚みを測ってもらってから切手を購入して、郵便ポストに投函します。

普通郵便は厚さによって、送料が違います。厚みが1cm以下の場合は82円、1cmより大きい場合は120円。1cm未満か、それ以上かって自分で確認で確認できません。だから毎日郵便局に通ってたのだけど、めんどくさくなってきました。

そんな時、「ミニレター」の存在を知ります。いつもお世話になっている、ノマド的節約術のサイト。なんと、驚くことに、ミニレターには厚さ制限がない!

郵便局の配送サービスに「ミニレター(郵便書簡)」があります。ミニレターの使い方や料金を割引して安く買う方法などを【ノマド的節約術】が詳しく説明しているページです。ミニレターは最安の発送方法ですよ!

ミニレターは、自身の重さを含めて25gまでOKです。ミニレター自身は約4g。20gもあるアクセサリーなんて滅多にないので、ほぼほぼミニレターで大丈夫。1センチ以上厚さがあって、120円切手で郵送していた商品も、62円で発送できる!

ミニレターで厚みがある商品を郵送するコツ

ミニレターは厚みのある物を送ることを想定していないので、少々工夫が必要です。物をミニレターに挟んでからセロテープで封をしようとしても、きれいに封ができません。無理やり封をしようとして、セロテープがグニャ、っとなってしまいます。梱包が汚いと、クレームになることも。

だから、ミニレターの封の仕方を少し研究しました。そして見つけました!

これがミニレター。買ってきた状態。

ミニレター

裏返して、上下を折り、セロテープで止める。

ミニレター 止め方

セロテープで止める時、下の写真のように、物を入れる口ができるようにします。

ミニレター 厚み

商品を入れる前に、宛名や自分の住所を封筒に記載します。そして、商品を入れて封をすれば完成!

この方法だと、厚みのある商品も綺麗に封ができます。

郵送代込みの封筒なので、そのままポストに投函すれば出荷完了。

ただ、このままでは味気がないので、少しデコレーションします。デコレーションをすると、普通評価、悪い評価もつけられなくなりました。

ミニレターはどこで買えるのか

郵便局で買えますが、ミニレター自体、あまり有名じゃないので、郵便局によっては在庫がない時があります。

だから、無くなりそうな時は、早め早めに郵便局へ。

コンビニでは取り扱いがありません。

premium

ミニレターを安く買う方法はあるのか?

新宿駅周辺にある、5箇所の金券ショップ行ってみました。

ミニレター 金券ショップ

どこも取り扱いなしです。

フリマアプリでもミニレターが出品されていることがありますが、62円より高いです。誰が買うんでしょう??

郵便局の窓口で買うのが確実です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

✔売れ筋商品がわかる便利ツール
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク