無理なく続けられる、生姜ダイエット。方法は激簡単

太っていた頃、いろんなダイエットに挑戦して、ことごとく失敗したことがあります。

ダイエットの失敗例。よくこんない失敗できるよね、というぐらい失敗した
いろんなダイエットをしてことごとく失敗。流行りのダイエットは成功確率が低いことを知り、一旦ダイエットを諦める。

【失敗談】ダイエットの失敗例。よくこんない失敗できるよね、というぐらい失敗した

そんな中で出会った生姜。便秘対策のために生姜を食べ始めたのですが、ダイエット効果絶大でした。

生姜で体を温めると便秘が治るらしい

「体を温める」と病気は必ず治る」という本がテレビで紹介されていました。著者はお医者さん。冷えは万病の元。いろんな体調不良を引き起こす原因らしい。だから、体を温めると、便秘や肩こりなどが治るそうです。

生姜は漢方薬にも使われていて、体の芯から温めてくれます。体を温めると、細胞が元気になり、体の調子がよくなるとか。

お医者さんが言われてることだし、簡単そうだし、やってみるか、と気軽に始めました。

本では寝る前に、生姜紅茶を飲むことをすすめしていました。でも、紅茶のカフェインで眠れなくなるかもしれないので、夕飯のお味噌汁にすりおろした生姜を入れることにしました。

生姜入り味噌汁を飲み続ける

小さじ2分の1ぐらいのすりおろし生姜をお味噌汁に入れて、夕食時に飲む。その時は冬だったのだけど、食事が終わる頃には、おでこに汗。体がぽっかぽかになりました。

本当に生姜には体を温める効果があるとわかって、次の日、調子に乗って生姜の量を増やしてみました。

お味噌汁辛い。

生姜の量はそこそこに、生姜をお味噌汁に入れて飲み続けました。

生姜お味噌汁、便秘への効果は?

お味噌汁に生姜を入れ飲むこと1週間。残念ながら、私の頑固な便秘は解消されませんでした。

便秘は解消されなかったけど、痩せてきた??お腹周りがスッキリしてきている。テレビでは生姜はダイエット効果もある、と言っていたけれど、本当に痩せている!

生姜ダイエット開始!

もう、便秘解消はいい。生姜で痩せよう。生姜ダイエットを始めることにします。

生姜を食べると体がポカポカして自然と汗が出ます。運動してなのに勝手にエネルギーが消費されるんです。

それに、生姜入りのお味噌汁を夜飲むと、もう一つ変化が現れました。

頻尿になりました。

夜、ベッドで横になると、すぐにトイレに行きたくなります。そして、夜中も2回ぐらいトイレ。それまで、トイレに行く回数は少なく、1日2回ぐらいだったのに、しょっちゅうトイレに行くようになりました。

そうすると、だんだん、全体的に体のラインがスッキリし始めました。体のむくみが取れたようです。体内に余計な水分が相当量あったみたい。

生姜で味を足して減塩ダイエット

その頃、ダイエット関連の本も読み漁っていました。塩分の多い濃い食事は体の中に水分を溜め込みむくみの原因になってしまう、味噌や醤油を減らすことがむくみが減り、痩せる、と。

なるほど。

生姜を使って同時に減塩もしてみよう。

お味噌汁はお味噌を少なめに、生姜で味を足す。

冷奴や納豆も生姜で味を足して、醤油を減らす。

おひたしにも生姜、野菜炒めにも生姜。

生姜に合いそうな料理には生姜を入れて、塩分を減らすようにしました。

効果はすぐ出る!2週間で足が細くなる!

効果がすぐに出るのも生姜ダイエットのいいところ。減塩を意識し、生姜で味を足すことを心がけて2週間。それまでパンパンだったジーンズがゆるくなった!

足や腕はそのままだったけど、お腹周りに劇的な変化が。鏡に映った自分の姿にニンマリしましたね。デブだから胸はある。でもお腹がぺったんこ!理想的ではないか。

見た目が明らかに変わったので、周りの人からも「痩せた?」と言われるようになりました。その時は「えーそんなことないよー」とか言ってたけど、心の中では大喜び。

生姜ダイエットの注意点

生姜ダイエットの注意点ですが、生姜を取ると頻尿になってしまいます。寝る直前に生姜を食べると、夜中にトイレに何回も行くので寝不足になってしまいます。

ですので、生姜の量は1回、小さじ2分の1杯程度を目安に、就寝前4時間前ぐらいまでに食事を終えるようにしています。

こちらの記事もお読みいただければと思います。

最強のダイエット食材生姜。おすすめクックパッドレシピ3つと私流の生姜を食べる方法
生姜で体型維持!クックパッドの生姜レシピ3つと、生姜を簡単に食べられる方法をご紹介します。

最強のダイエット食材生姜。おすすめクックパッドレシピ3つと私流の生姜を食べる方法

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク